スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きな物語の構造

honjitsu.jpg基本ができていないと、基本を崩せない。

 祖父のお墓参りをしてきました。お墓までは、歩いて行けます。

 話は変わりますが、ジェンガというゲイムがあります。軒田はやったことがありませんが、ルールは知っています。積木を組み上げて、崩れないように抜いて、また上へ組んでいくというモノ。モチロン、崩した人が負けです。
 なぜ、突然こんな話をしたかというと、これが、好きな物語の作り方だからです。ジェンガは、最初が一番安定している訳です。それが、崩れないように抜いていくことで、どんどん不安定になっていきます。そして、最後には崩れてしまうのです。「誰も崩そうとはしていないのに、最後には崩れてしまう」というトコロが好きです。物語でもそうです。物語の基本は「秩序→混沌→秩序」です。安定した状態から、次の安定した状態までの流れが物語です。破綻すると、安定するのです。それ以上は崩せない状態になりますから。
 大筋は決まっているので、後はそれをどう見せるかというだけです。それから、矛盾しているようですが、どうやってパターンから外すかも考えなくてはなりません。定石通りにやると、先を読まれてしまいますから(将棋か!)。

 こうやって構造を気にしながら読んだり観たりすると、面白くないので、初見ではできるだけ気にしないようにしています。後から、映画や小説、漫画を思い出して考えるコトが多いです。

 囲碁よりも将棋が好きなのも、同じ理由でしょう。将棋も、最初が一番安定した状態なのです。それを交互に崩していきます。そして、先に破綻してしまった方が負けです。これも、ジェンガのように、相手の番の時に勝ちが確定します。投了した方が負けですから。囲碁でも投了はありますが、「交互に崩していく」というイメイジではありませんね(独断と偏見)。単なる好みですけど。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 今日の一言
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

軒田皓平(のきだこうへい)

  • Author:軒田皓平(のきだこうへい)
  • 1979年生。ただのオッサンです。
twitter
booklog
ニコニコ動画
黒田運送(株)支店
ブログ内検索
dff
クリックで救える命がある。
pixiv
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
ぷちカンパ
WebMoney ぷちカンパ
月別アーカイブ
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。