スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳美里

honjitsu.jpg相手が何に対して怒っているのかを観察すれば、相手が何に対して劣等感を持っているのかが分かる。

 柳美里氏のブログが面白いです。柳美里氏は、僕が大学に入ってすぐからのファンです。ブログをなさっていて、嬉しいです。
 先日、『雨と夢のあとに』のドラマが終了しました。残念なことに、なかなか観られませんでしたけれど。だって、眠いんですもん! ええ、関東では午後11時15分から放送でしょうとも。でも、関西では何時にやってると思っているんですか! 午前1時30分とかからやってるんですよ(週によって少し違う)。いくら金曜日とはいえ、そんな時間、寝てますって!
 『雨と夢のあとに』には木村多江氏が出演されています。ブログ上での柳美里氏による、木村多江氏に対する褒め言葉が余りにも印象に残ったので、勝手に抜粋します(ネットで公開している文章だから、よいかな)。

「木村多江さん、すてきなかたですね。
 柔らかさも鋭さも表現できる。
 濡れ場がなくても、いつも濡れている。」

 って、女優に対して、これ以上の褒め言葉がありますか! 柳美里氏自身も元々舞台女優をされていた方ですから、なおのこと説得力がありますね。同じ発言でも、誰がするかによって、意味はまったく異なってきますから。

 突然、僕の大学の頃の話をします。大学3年生の時(2000年4月21日)、昼食時に東由多加氏の死を知りました。その頃は、新聞も毎日読んでいませんでいしたし、テレビもあまり観ていませんでした(世情から離れられるのが、大学生の最大の特権)。なので、その付近には珍しくテレビの付いている食堂に入り(しかもその店には滅多に入らない)、その時間に、そのチャンネルがついていたことは偶然でしかありません。その偶然が無かったら、東由多加氏の氏を知る機会は、ずっと遅くなっていたでしょう。その時に受けたショックは、今でも忘れていません。その後、クラブの上級生が集まって、演奏会で弾く品目を選曲していました。休憩時間に雑談が始まったのですが、他の部員は「椎名林檎が改名して椎名葡萄になる」という話で盛り上がっていて(椎名林檎氏は大好き。誤解なきよう)、僕が東由多加氏の話をしても、「それ誰だ?」という扱いでした。その時、「この人たちとは、違う世界が見えているんだな」と再認識しました。今となっては、当たり前に感じていることですけれどね。一人一人、見えている世界が違うことは当然ですから。まだ若かったのです(今でも若いけど>おいおい)。孤独とは、人と一緒にいる時に感じるものです。
benkyou.gif財務諸表をしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

軒田皓平(のきだこうへい)

  • Author:軒田皓平(のきだこうへい)
  • 1979年生。ただのオッサンです。
twitter
booklog
ニコニコ動画
黒田運送(株)支店
ブログ内検索
dff
クリックで救える命がある。
pixiv
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
ぷちカンパ
WebMoney ぷちカンパ
月別アーカイブ
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。