スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『さくや妖怪伝』

honjitsu.jpg文章問題に「そこでそんなことするなよー」って、ツッコんだ経験、みんなあるよね。あるよね?

 『さくや妖怪伝』を観ました。こういう映画大好きです。ずっと観たい観たいと思っていながら、なぜか都合がつかずに先延ばしになっていた映画。キャストも実力派揃いですし、安易にCGに頼っていない所も良いです(モチロンCGも使っいまくっているよ)。主役が安藤希氏です。さくやは、この人以外には考えられませんね。というか、全員ハマり役です。好きな俳優しか出ていませんので、「この人が良かった」というのを書こうとすると、全員の名前を書かなくてはなりません。こういった悩みは幸せですね。中でも特に印象に残った人を挙げるとすればヤッパリ松坂慶子氏です。楽しそうに仕事をしていらっしゃいます。「黙りおれい! 下郎!」なんて、日常会話には絶対出てきませんしね(笑)。
 コンセプトデザインは冬目景氏。雨宮慶太氏ではありませんよー(笑)。映画に出てくる傀儡も面白いのですが、今なら大野季楽氏のビスクドールを使ってほしいです。当時はまだ有名ではありませんでしたので。単に自分が大野季楽氏の人形が観たいだけですけど(大阪で新作の個展をやってくれないかな)。
 あと、さっきも少し書きましたが、安易にCGに逃げていません。どうしてもCGでなければ撮れない部分にCGを用いています。せっかく映画なのですから、CGで妥協してはもったいないです!
 念のため書いておきますが、CGが嫌いな訳ではありません。「実物を作るのが面倒だからCGを使う」という、後ろ向きな考え方が嫌いなだけなので、他の理由で使う場合には全然問題ありません。IMAGICAGONZOも大好きです! フルCGアニメもゲーム映像も大好きです! あれがないとCGの技術が発展しないのですよ。CGの必然性もありすぎるぐらいありますしね。
 実写版鬼武者という感じですが、製作時期が被っていると思われるので、どちらが真似したという訳ではなさそうです(詳しくは知らないけど)。
 日本映画ですが、配給がワーナー・ブラザーズですので、DVDが低価格で手に入る点も良いですね。中古だと更に低価格です。
benkyo.jpg簿記をしました。経営学もしました。
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

軒田皓平(のきだこうへい)

  • Author:軒田皓平(のきだこうへい)
  • 1979年生。ただのオッサンです。
twitter
booklog
ニコニコ動画
黒田運送(株)支店
ブログ内検索
dff
クリックで救える命がある。
pixiv
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
ぷちカンパ
WebMoney ぷちカンパ
月別アーカイブ
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。